dannjotoraburu
離婚相談人生リセット、ともだち離婚

男女トラブル、不倫慰謝料の無料相談受付、行政書士村上事務所のサイトです。
無料電話相談 050−3045−7910、 緊急 090−3521−1188
24H,東京〜全国対応、、、Smile Again!!行政書士村上脩 

離婚相談Eメール 電話050-3045-7910 行政書士村上事務所

SPACERSPACERHOME不倫

クーリングオフ契約と解約は業者と消費者の知恵くらべ!業者に負けない強い味方をもちましょう!

トラブルがおきたら
契約書
示談書
念書
覚書
和解書
合意書
ひな形、書き方、書式
トラブル相談
・消費者センター、
消費者生活相談
消費者契約法
損しない解決方法
 
特定商取引法に
関連するトラブル
解約手続きについて
いろいろな手口について
解約妨害について
特商法、証拠の取り方
ご相談と費用
手続きと特定商取引法
SPACER1)点検商法
SPACER2)デート商法
SPACER3)資格商法
SPACER4)催眠商法
SPACER5)送りつけ商法
SPACER6)マルチ商法
SPACER7)内職商法
SPACER8)キャッチセールス
SPACER9)現物まがい商法
SPACER10)開運商法
SPACER11)見本工事商法
SPACER12)継続的サービス提供業種
 
新手悪徳商法
(特商法以外)
ワンクリック詐欺
SPACER・・・電子消費者契約法
CD-ROMの送りつけ
ネットトラブル
ヤフオク
 
不動産トラブル
敷金返還トラブル
マンショントラブル
工事ミストラブル
 
内容証明郵便
内容証明郵便とは
内容証明のメリット
内容証明のデメリット
内容証明の書き方
内容証明の相談
 
男女のトラブル
男女のトラブル
離婚と法律相談
DV(家庭内暴力)
婚約破棄
内縁関係破棄
浮気
不倫
離婚協議書の法律相談
離婚届けの書き方
離婚届不受理申出について
離婚と慰謝料の法律相談
養育費の相場
離婚協議書作成と依頼
母子家庭と福祉制度
家庭裁判所
離婚相談Q&A
離婚リンク集
 
■市町村合併一覧
 
■ご相談と費用
 
■電子郵便をつかいます
 
■解約に関する法律集
 
■事務所案内
 
■免責事項
 
■特商法による表示
 
■参考リンク
 
問合せ
Blog


男女トラブル、不倫、浮気の慰謝料に関した民法及び判例についての説明。

不倫問題を解決するためには解決の手順をまず知っておくべきでしょう。 不貞行為とは 結婚している二人は、お互いに他の人と性交渉をもってはいけません。 パートナーの不貞行為に対しては、貞操権という権利があり、不倫相手に対して損害賠償を請求できます(民法770条)。 民法770条 法定離婚事由 夫婦の一方は、左の場合に限り、離婚の訴を提起することができる。 1.配偶者の不貞な行為
2.配偶者から悪意で遺棄された
3.配偶者の生死が3年以上明かでない。
4.配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込がない。
5.その他婚姻を継続し難い重大な事由。

2 裁判所は、前項第1号乃至第4号の事由があるときでも、一切の事情を考慮して婚姻の継続を相当と認めるときは、離婚の請求を棄却することができる。 不倫の慰謝料請求の要件 夫婦の一方と肉体関係を持った第三者は、故意または過失がある限り、誘惑して肉体関係を持ったかどうか、自然の愛情によったかに関わらず、損害賠償義務がある(最高裁判所判例 ) ・不貞行為がある 配偶者に異性との肉体関係があることが必要です。 デートしている、食事をしている、メールしている電話をしているという関係だけでは、慰謝料請求が認められるのは難しいと判断します。 ただ、このような場合に夫婦関係に支障をきたす、あるいは相手にやめてほしいのであれば、配偶者であることを主張して、相手にやめるように警告することも方法です。 一度、配偶者であることを名乗って、警告すれば後々に既婚者とは知らなかったとは相手も言えなくなります。 不倫をやめるように警告することです。   >
・不倫相手が、既婚者と知っていたのか、、あるいは知ることができる状況であった 不法行為に基づく損害賠償請求には、故意または過失が必要ですので、相手が既婚者と知っている場合や、既婚者とわかる状況ということが必要です。

相手が全く既婚者と知らないのであれば、。 故意、過失がなく慰謝料請求は困難といえるでしょう。

・婚姻関係(夫婦関係)が破綻していない 判例(裁判例)では、婚姻関係がすでに(実質的に)破綻していた場合に、不倫(不貞行為)の慰謝料請求を認めていません。

ただ裁判になれば、一方は、不倫者は夫婦関係は破綻していたと主張するでしょうし、一方は、夫婦関係は破綻していないと主張するので 確実な証拠が決め手になります。

慰謝料請求裁判の勝ち負けを決める争点ともいえます。

・消滅時効になっていないこと。 不法行為の消滅時効は、不法行為の損害および相手(加害者)を知ったときから3年、不法行為のときから20年です。 不法行為の損害および相手(加害者)を知らなければ、3年の消滅時効にはかかりませんが、不法行為の損害および相手(加害者)を知らなくても、不法行為のときから20年で、消滅時効にかかります。

また、不法行為のときから20年経たなくても、不法行為の損害および相手(加害者)を知ったときから、3年たてば、消滅時効にかかります。 どちらかの期間がたてば(つまり、両方を比べて短い期間)、消滅時効が完成します。(民法724条) 消滅時効が完成したとしても、債権(不倫の慰謝料請求権)は当然に消滅するものでありません。

相手が消滅時効を援用しないと債権は消滅しません。 民法724条 不法行為による損害賠償の請求権は、被害者又はその法定代理人が損害及び加害者を知った時から三年間行使しないときは、時効によって消滅する。不法行為の時から二十年を経過したときも、同様とする。 不倫がいけないわけ。   
不倫慰謝料請求相談では請求への対応法など詳しく説明しています。

不倫慰謝料相談所が詳しい携帯専門サイトです。ご覧ください。         ■無料メール問合せ■ 不倫     

不貞行為とは 結婚している二人は、お互いに他の人と性交渉をもってはいけません。
パートナーの不貞行為に対しては、貞操権という権利があり、不倫相手に対して損害賠償を請求できます(民法770条)。
民法770条 法定離婚事由 夫婦の一方は、左の場合に限り、離婚の訴を提起することができる。

1.配偶者の不貞な行為
2.配偶者から悪意で遺棄された
3.配偶者の生死が3年以上明かでない。
4.配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込がない。
5.その他婚姻を継続し難い重大な事由。


2 裁判所は、前項第1号乃至第4号の事由があるときでも、一切の事情を考慮して婚姻の継続を相当と認めるときは、離婚の請求を棄却することができる。  

不倫の慰謝料請求の要件 夫婦の一方と肉体関係を持った第三者は、故意または過失がある限り、誘惑して肉体関係を持ったかどうか、自然の愛情によったかに関わらず、損害賠償義務がある(最高裁判所判例 )

・不貞行為がある 配偶者に異性との肉体関係があることが必要です。
デートしている、食事をしている、メールしている電話をしているという関係だけでは、慰謝料請求が認められるのは難しいと判断します。

ただ、このような場合に夫婦関係に支障をきたす、あるいは相手にやめてほしいのであれば、配偶者であることを主張して、相手にやめるように警告することも方法です。 一度、配偶者であることを名乗って、警告すれば後々に既婚者とは知らなかったとは相手も言えなくなります。 不倫をやめるように警告することです。  

・不倫相手が、既婚者と知っていたのか、、あるいは知ることができる状況であった 不法行為に基づく損害賠償請求には、故意または過失が必要ですので、相手が既婚者と知っている場合や、既婚者とわかる状況ということが必要です。

相手が全く既婚者と知らないのであれば、。 故意、過失がなく慰謝料請求は困難といえるでしょう。

・婚姻関係(夫婦関係)が破綻していない 判例(裁判例)では、婚姻関係がすでに(実質的に)破綻していた場合に、不倫(不貞行為)の慰謝料請求を認めていません。

ただ裁判になれば、一方は、不倫者は夫婦関係は破綻していたと主張するでしょうし、一方は、夫婦関係は破綻していないと主張するので 確実な証拠が決め手になります。

慰謝料請求裁判の勝ち負けを決める争点ともいえます。

・消滅時効になっていないこと。 不法行為の消滅時効は、不法行為の損害および相手(加害者)を知ったときから3年、不法行為のときから20年です。 不法行為の損害および相手(加害者)を知らなければ、3年の消滅時効にはかかりませんが、不法行為の損害および相手(加害者)を知らなくても、不法行為のときから20年で、消滅時効にかかります。

また、不法行為のときから20年経たなくても、不法行為の損害および相手(加害者)を知ったときから、3年たてば、消滅時効にかかります。 どちらかの期間がたてば(つまり、両方を比べて短い期間)、消滅時効が完成します。(民法724条) 消滅時効が完成したとしても、債権(不倫の慰謝料請求権)は当然に消滅するものでありません。

相手が消滅時効を援用しないと債権は消滅しません。 民法724条 不法行為による損害賠償の請求権は、被害者又はその法定代理人が損害及び加害者を知った時から三年間行使しないときは、時効によって消滅する。不法行為の時から二十年を経過したときも、同様とする。

【判例】不倫の慰謝料請求では重要な判例を参考にしてください。

(1)(最高裁判所判例昭和54年3月30日)
判旨 夫婦の一方と肉体関係を持った第三者は、故意または過失がある限り、誘惑して肉体関係を持ったかどうか、 自然の愛情によったかに関わらず、損害賠償義務がある
相手が既婚者がいると知って肉体関係をもてば慰謝料を払わなければなりません。
コメント⇒夫婦の破たんの事実は不倫をした側が立証しなければならず、 そのハードルは高いのです。

(2)【最高裁判例平成8年3月26日】重要判例
判旨  配偶者が第三者と肉体関係を持った場合でも 、その夫婦関係がすでに破綻していたときは、特別の事情がない限り、相手方は不法行為の責任は負わない。
結論 夫婦関係が既に破綻していたときは慰謝料支払いの必要が無い。

コメント⇒ 夫婦関係が破綻していたかどうかが裁判では争点になる場合が多い。 不貞行為以前に、離婚調停。別居などがあれば破たんしていたと認められやすい。

(3)最高判昭和48年1月15日】重要判例
判旨 不貞行為とは、『配偶者ある者が自由な意思に基づいて配偶者以外の者と性的関係を結ぶこと』である。
結論 不貞は、性関係が存否とした。
コメント⇒ 単なるデート、食事は当然、不貞といえない。

(3)不倫慰謝料の相場
1、当事者間の示談であれば話合いでの金額となります。

2、離婚しない場合、50万円〜200万円で決められる場合が多く、裁判しないで早期解決の場合は50万円〜100万円程が最多です。

3、夫婦修復が不可能、離婚した場合、300万円〜500万円、それ以上の額の裁判上の請求金額になる場合があります。

★できるだけ裁判前に解決できれば当事者の裁判費用、裁判の長期化も避けられ、ベストな解決といえます。  無料電話相談 050−3040−7910をご利用ください。平日、土曜、日午後9時まで受付。東京JR赤羽駅前5分 事務所案内、地図

基本営業エリア
□東京都23区エリア◎・北区・板橋区(板橋)・豊島区・練馬区・葛飾区・文京区・杉並区・港区・目黒 区・葛飾区・足立区・荒川区・江戸川区・大田区・江東区・品川区・渋谷区・新宿区・墨田区・世田谷区 ・台東区・中央区・千代田区・中野区 □その他エリア・三鷹市・武蔵野市・武蔵村山市・府中市・福生市 ・町田市 □市部エリア・昭島市・あきる野市・稲城市・小金井市・国分寺・国立市・小平市・狛江市・立 川市・多摩市・西東京市・八王子市・羽村市・東久留米市・村山市・東大和市 □埼玉県エリア ・さいたま市さいたま・さいたま市大宮区・川口市・市(蕨)・狭山市・戸田市・所沢市 ( 所沢)・八潮市・越谷・吉川市・三郷市・春日部市・草加市・鳩ケ谷 (鳩ケ谷)・坂戸市)・新座市・川越 市・)・入間市・飯能市・上尾市・羽生市・桶川市・加須市・久喜市・幸手市・鴻巣市・北本市・蓮田市・ 本庄市・深谷・行田市(行田)・熊谷市(熊谷) □ 千葉エリア・千葉市・船橋区・館山・木更津市・松戸市・野田市・習志野市・柏市・印西市・ 白井市 ・富里市・いすみ市 □神奈川県エリア・神奈川県川崎市(神奈川県 川崎)・神奈川県横浜市(神奈川県 横浜)・(鶴見)・横浜市 ・横須賀市・逗子市・秦野市秦野・大和市・伊勢原市・海老名市・厚木市 ・座間市・相模原市・鎌倉市・ 藤沢市など面会相談承ります。

不倫相談は北海道・青森県・岩手県・宮城県・秋田県・山形県・福島県・札幌・仙台・横浜・神戸・新宿・池袋 ・茨城県・栃木県・群馬県・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県・新潟県 ・富山県・石川県・福井県・山梨県・長野県・岐阜県・静岡県・愛知,県・名古屋 和歌山県・ ・鳥取県・島根県・岡山県・広島県・山口県・徳島県・香川県・高松・松山・ ・愛媛県・高知県・福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県・沖縄県など全国対応