離婚相談人生リセット、ともだち離婚 離婚がアタマに浮かんだあなたにアドバイス、 離婚や離婚調停、離婚慰謝料、離婚協議書、離婚法律相談、悩みの離婚手続きを代行する行政書士村上事務所のサイトです、、、
24H,東京〜全国対応、、、Smile Again!!行政書士村上脩 

離婚相談Eメール 電話050-3045-7910 行政書士村上事務所
SPACERHOME >> DV(家庭内暴力)

クーリングオフ契約と解約は業者と消費者の知恵くらべ!業者に負けない強い味方をもちましょう!

トラブルがおきたら
契約書
示談書
念書
覚書
和解書
合意書
ひな形、書き方、書式
トラブル相談
・消費者センター、
消費者生活相談
消費者契約法
損しない解決方法
 
特定商取引法に
関連するトラブル
解約手続きについて
いろいろな手口について
解約妨害について
特商法、証拠の取り方
ご相談と費用
手続きと特定商取引法
SPACER1)点検商法
SPACER2)デート商法
SPACER3)資格商法
SPACER4)催眠商法
SPACER5)送りつけ商法
SPACER6)マルチ商法
SPACER7)内職商法
SPACER8)キャッチセールス
SPACER9)現物まがい商法
SPACER10)開運商法
SPACER11)見本工事商法
SPACER12)継続的サービス提供業種
 
新手悪徳商法
(特商法以外)
ワンクリック詐欺
SPACER・・・電子消費者契約法
CD-ROMの送りつけ
ネットトラブル
ヤフオク
 
不動産トラブル
敷金返還トラブル
マンショントラブル
工事ミストラブル
 
内容証明郵便
内容証明郵便とは
内容証明のメリット
内容証明のデメリット
内容証明の書き方
内容証明の相談
 
男女のトラブル
男女のトラブル
離婚と法律相談
DV(家庭内暴力)
婚約破棄
内縁関係破棄
浮気
不倫
離婚協議書の法律相談
離婚届けの書き方
離婚届不受理申出について
離婚と慰謝料の法律相談
養育費の相場
離婚協議書作成と依頼
母子家庭と福祉制度
家庭裁判所
離婚相談Q&A
離婚リンク集
 
■市町村合併一覧
 
■ご相談と費用
 
■電子郵便をつかいます
 
■解約に関する法律集
 
■事務所案内
 
■免責事項
 
■特商法による表示
 
■参考リンク
 
問合せ
Blog


DV(家庭内暴力)

DV,家庭内暴力 ”DV防止法”とは「配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護に関する法律」のことです。

配偶者からの暴力による通報、相談、保護、自立支援等の体制を整備し、配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護を図るための法律です。(平成13年4月、制定、10月13日から施行) 平成16年12月2日には、配偶者に限っていた保護命令の対象を元配偶者に拡大、被害者と同居する未成年の子への接近禁止命令制度を設けることとともに、 退去命令の期間を2か月に延長することなどを柱とした改正法が施行されています。

男性も保護の対象です この法律は、女性に対する暴力、男性に対する暴力もその対象としています。配偶者からの暴力の被害者の多くは女性であることから、女性に対する暴力に十分配慮した前文を置いています。
なお、DV防止法が対象にしている「配偶者からの暴力」は、一般的に「DV」と呼ばれているものと異なる点がありますので下記をご確認下さい。 「配偶者」 男性、女性を問いません。

事実婚や元配偶者(離婚前に暴力を受け、離婚後も引き続き暴力を受ける場合)の方も含まれます。 「暴力」身体的暴力のみならず、精神的・性的暴力も含まれます。

ただし、保護命令については、身体的暴力のみ対象。配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護に関する法律(DV防止法)

・身体的暴力が対象 保護命令とは、被害者が配偶者からの更なる身体に対する暴力によりその生命又は身体に重大な危害を受けるおそれが大きいときに、裁判所が被害者からの申立てにより、
加害者(事実婚の者及び元配偶者を含む)に対し発する命令のことを言います。

保護命令には「接近禁止命令」と「退去命令」の2種類があります。
配偶者から暴力を受けた割合 配偶者からの暴力は、家庭内で行われることが多いことから、
実際の発生件数を把握することは困難です。 平成14年10月、内閣府が「配偶者等からの暴力に関する調査」を実施し、20歳以上の配偶者や恋人の男女から被害経験を聞いたところ女性19.1% 男性9.3%が暴力を受けています。 ・退去命令・・住居からの退去、はいかい禁止されます。

被害者と加害者が生活の本拠を共にする場合、加害者にその住居からの退去及び住居の付近のはいかいの禁止を命ずる命令(期間は2か月間) ・加害者が保護命令に違反すると刑事罰(1年以下の懲役又は100万円以下の罰金)この命令には罰則がありますので、命令に違反した場合は犯罪になります。 2ヶ月間を過ぎたら再び命令を出してもらうこともできます。
まず当座の危険を回避し、今後の方策を考える期間として考えて下さい。