クーリングオフなら 
解約1番!
kaiyaku18.com
Murakami Solicitors Office
行政書士 村上事務所
HOME >> 敷金返還トラブル

クーリングオフ契約と解約は業者と消費者の知恵くらべ!業者に負けない強い味方をもちましょう!

トラブルがおきたら
契約書
示談書
念書
覚書
和解書
合意書
ひな形、書き方、書式
トラブル相談
・消費者センター、
  消費者生活相談
消費者契約法
損しない解決方法
 
特定商取引法に
関連するトラブル
解約手続きについて
いろいろな手口について
解約妨害について
特商法、証拠の取り方
ご相談と費用
手続きと特定商取引法
1)点検商法
2)デート商法
3)資格商法
4)催眠商法
5)送りつけ商法
6)マルチ商法
7)内職商法
8)キャッチセールス
9)現物まがい商法
10)開運商法
11)見本工事商法
12)継続的サービス提供業種
 
新手悪徳商法
(特商法以外)
ワンクリック詐欺
・・・電子消費者契約法
CD-ROMの送りつけ
ネットトラブル
ヤフオク
 
不動産トラブル
敷金返還トラブル
マンショントラブル
工事ミストラブル
 
内容証明郵便
内容証明郵便とは
内容証明のメリット
内容証明のデメリット
内容証明の書き方
内容証明の相談
 
男女のトラブル
男女のトラブル
離婚と法律相談
DV(家庭内暴力)
婚約破棄
内縁関係破棄
浮気
不倫
離婚協議書の法律相談
離婚届けの書き方
離婚届不受理申出について
離婚と慰謝料の法律相談
養育費の相場
離婚協議書作成と依頼
母子家庭と福祉制度
家庭裁判所
離婚相談Q&A
離婚リンク集
 
■市町村合併一覧
 
■ご相談と費用
 
■電子郵便をつかいます
 
■解約に関する法律集
 
■事務所案内
 
■免責事項
 
■特商法による表示
 
■参考リンク
 
問合せ
Blog


敷金返還トラブルな内容証明郵便で要求しましょう。

敷金問題と特約(特約が有効とされた例) インターネットにはあたかも何でもかんでも無効という風潮がありますが、
これを鵜呑みにしてしまうと危険な場合があります。 ■無料メール問合せ■ 

一定の条件を満たした場合、過去に特約が有効と判断されているケースもあります。。
  一定の条件の元では裁判上有効と判断されることも十分ありえます。 まず「重要事項の説明」で特約について説明があった場合。これは説明しているという証拠がある。また、署名捺印つきの覚書、同意書を契約時に提出している場合も同様です。信用ある不動産屋さんは重要事項の説明はキッチリ行います。

そこで契約書、同意書などで退室時の負担が明確に決められていれば、「借主は入居期間の長短に関わらず退室時に室内清掃費用を負担する」というような文言がある場合。

いくらあなたが「聞いていない」「了承した覚えはない」と主張したところで、それは単に「聞いていなかった」「覚えていない」ということになります。判例でも相当数が借主敗訴となっていることは覚えておきましょう。
  ・よほど無茶な契約書でない限り、いったん同意してしまうと撤回することが大変です。 契約書は事前によ~く確認しましょう。

契約書の中に変な特約が潜んでいるとも限らない契約書を読みましょう。もし契約内容に納得いかない箇所があれば、契約を取りやめるとか、契約する前に条項の削除を求めるべきです。
・敷金問題と特約(特約が無効になる場合)

・借主が認識していたという証拠が無い場合 先にも述べたとおり、特約の内容が「暴利的でない・了承している
・理解している」の3項目を満たしていないとして、特約の効力を否定するケースがあります。
暴利的かどうかというのは特約に定められた一般的な相場の範囲である以上は暴利にはならない。

次に、契約書の条文の中に、印字された字でさらっと盛り込まれているだけで、契約時に特段説明が無かった場合。

他には契約書とは別に署名捺印なしの「入居のしおり」のなかで借主負担が書き込まれていた場合などは無効になったケースがあります

。 尚重要事項の説明書や署名捺印付きの覚書きがある場合は認識了承したとみなされます 。

・ 賃貸契約書の特約文言が不明瞭 たとえば、「原状回復費用は全て借主の負担とする」という特約がある場合などです。   
 

・エアコンの修理費用は金額が高いだけに負担をする者を事前に決めておきましょう。

Q&A)
7年前に賃貸住宅に入居した際、敷金として25万円を支払ったのですが、 今回退去するにあたって、内装工事代金として敷金のほかに10万円を追加請求されています。 契約書にそのような事項は記載されていないし、特に汚してもいません。支払わなければならないのでしょうか。
(千葉県市川市、会社員、30代女性)

A>> 敷金は、家賃の滞納や建物の毀損があっつたときの保証金としての性格を持つています。

こうしたことがなければ、原則的には入居者に返金されるべきものです。特に建物を汚したり、壊したりはしていないとのことなので、内装工事費などの支払い義務はないのでしょうか。  賃貸マンションなどの退去にあたって、このような敷金トラブルが増えています。入居者は物件を家主に返す際、元通りにして返す義務(原状回復義務)があります。

この義務に対する考え方の違いがトラブルの原因となっています。 国土交通省の見解や裁判では、原状回復義務について、故意又は過失により物件に変更を加えたり、毀損した場合(模様替え、造作の無断設置、破損など)に限られるとされています。したがって通常の使用による汚れや傷み、耐用年数が経過したことによる破損等については、家主が負担すべきものといえます。
 

消費者としては、原状回復費の請求を受けたときは、(1)見積書を必ずもらう。(2)通常の使用による汚れや傷みか、過失によるものかを区別する。(3)修繕する箇所をきめる際には立会う。など、不審な点をあきらかにし、家主とよく話し合うことが大切です。  また、退去時のトラブルを避けるために、入居する際は、契約書をよく読み退去時の取り決めを理解する。家主、不動産業者の立会いのもと、現状の確認をして現場の写真を撮っておくとよいでしょう 。不動産屋が家主の味方についてしまう場合がおおいので一人での交渉は無理な面があります。専門家に相談しましょう。


 

千葉県消費者センター 案内
千葉市消費生活センター
銚子市消費生活センター
市川市消費生活センター
船橋市消費生活センター
木更津市消費生活センター
松戸市消費生活センター
野田市消費生活センター
成田市消費生活センター
佐倉市消費生活センター
習志野市消費生活センター
柏市消費生活センター
市原市消費生活センター
流山市消費生活センター
八千代市消費生活センター
我孫子市消費生活センター
浦安市消費生活センター
四街道市消費生活センター